アーカイブ

ブログ

チャレンジライドにいかわ2018

P1000040

表記のライドイベントに参加してきました。

当日は快晴で、快適なライドを満喫できました。

 

「チャレンジライドにいかわ」とは・・・

「山へ海へ清流が作り出す

自然の中で自分に挑戦」

立山黒部ジオパークを走ります。   (公式HPより抜粋)

 

グランフォンド富山は県西部中心のコースですが、こちらは

黒部スタート~滑川(東福寺野自然公園!)~魚津~宇奈月~朝日~黒部ゴールと、

県東部新川地区を網羅するライドです。

 

チャレンジライドにいかわ 良かった点

・参加費が安い!グランフォンドのほぼ半額です。

・食事がおいしい!!参加者の声を集めて、年々改善されてるみたいです。

今年は第一エイドステーションで、どんどん焼きと大福、

第二エイドでカレーライス食べ放題、

第三エイドでタラ汁とヒスイパン(?)

ゴール地点でカニ汁とおにぎり     でした。ごちそうさまでした。

・コースがいい!!!地元の道を知ってる人が設定してると思われます。

車の少ない道・時間帯を選んでる感アリアリで好感が持てます。

・ゴールすると福引でプレゼントがもらえる(笑)

自分はタイヤチューブもらいました。重い奴でしたが。

他、タイヤもらった人とか、謎の自転車用油、ティッシュ2箱とか。

 

チャレンジライドにいかわ ここがイマイチ

・道案内が怪しい・・・矢印のついたパイロンでの案内しかないので、見落としたり、

パイロンが倒れてたり、向きが変わってたらオシマイだなーと感じました。

地図をスマホにダウンロードできたみたいですが、自分、ガラケーなんで…ゴニョゴニョ。

まあここは思い切って、オリエンテーリングと思って楽しみましょう!?

・水分補給がイマイチ・・・第一エイドでペットボトルの水一本、以上。でした。

「カレーは飲み物」が合言葉に。いかんでしょ。

・サポートのスタッフが少ない・・・道案内とか、ペースメーカーとか、

色々仕事はあるので、ボランティアのサポートライダーをもっと募った方がいいと

思います。残念なことに、事故って救急搬送された方が複数おられたようですので、

そういう人を出さないために安全運転を促す役割もありますから。

 

チャレンジライドにいかわ 良いか悪いかはともかく

・手作り感満載 上の写真見てもらった通り、ステッカー手書き、ゼッケンなし、

完走証明書は無記名でコピー等々、ツッコミドコロだらけでしたが、

なんといっても安いしご飯がおいしかったのでチャラです。

イマイチなところを列挙しましたが、「でも安いし。」で全て許せるレベル。

来年はどうなってるかという期待でリピートしたくなります。

自分としては安全対策をなんとか頑張ってほしいです。下り坂に速度制限とか、

急カーブには看板とか監視とかつけるといいんではないでしょうか。

参加人数増えてきてるみたいだし、どうにかスポンサーつかないっすかね。

 

帰りは「魚の駅 生地」でお土産買って、新川の経済に貢献しつつ、

家族へのフォローも欠かさないのだ。

のとライド2018夏

お盆休みを利用して、能登半島を半周してきました。

富山県民の夏と言えば能登なのです。ノスタルジィー。

幼少時の記憶と、昭和の形を残した町並が合わさって陶酔感を醸成するのです。

と、同業者のI先生に力説しましたが、あんまり響かなかったようで。

えらいひとにはわからんのです。

 

和倉温泉7時半スタート~能登島大橋~ツインブリッジのと~穴水~宇出津

~九十九湾~珠洲~狼煙~輪島~穴水~ツインブリッジのと~和倉温泉ゴール

で、約200km、ゴールは夜7時でした。

DSC_0480 (1280x720)

証拠写真。珠洲市の酒蔵前にて。写真提供は同業者のI先生です。

DSC_0486 (1280x720)

珠洲~狼煙間の山中にて。この頃一番暑い時間帯。暑い・・・くるちい・・・

DSC_0483 (1280x720)

登り切ったゼ(ドヤァ)

実は、坂はまだまだあるんですけどね。

DSCPDC_0000_BURST20180815154522707 (1280x720)

 

千枚田にて。天候が悪化したおかげで涼しく走りやすくなりました。

右はご近所のトライアスリート、Yさん。

 

 

雨はパラつく程度で、たいしたことなかったです。

後から勘定したら、走行中に500mlのペットボトル10本は買って飲んでました。

汗4Lぐらいはかいた計算ですかね。

能登はやさしや~とはよく言ったもので、ところどころに休憩スポットがあって助かりました。道の駅とかポケットパークなるミニ道の駅が20km間隔ぐらいで現れます。自転車に乗る人のために作ってるのかと思うくらいで。

反面、コンビニは都市部にしかないので、夜間は厳しいかも。まあ自転車は夜乗りませんけど。

P1000012

走った後は温泉でサッパリ。これで明日からまた頑張れる(`・ω・´)

I先生、Yさん、お疲れ様でした!!

来年も走りましょうねー(^_^)ノシ

グランフォンド

IMGP2111 (1280x960)

グランフォンド富山、180km完走しましたー。

練習不足で不安しかなかったけど、ワリトナントカナルモンデスナ。

ゴール前1kmぐらいでパンクして、直してたらえらい遅れてしまいました。

大会スタッフが見かねて手伝ってくれましたが。

その節はありがとうございましたm(_ _)m

 

グランフォンド富山よかったところ

・お天気にも恵まれ、大自然を感じられるコース設定

・補給所(エイドステーション)の配置、運営

・道案内が多く、不安は少ない

・スタッフが多く巡回しており、困ったときに頼りになる(重ね重ね感謝です)

・無料で広い駐車場

 

グランフォンド富山ここが残念

・富山を感じない補給所での食事

一部がんばってるところもありましたが、全国のコンビニで買えるパンやマンジュウはちょっとさびしいです。

信州のライドでリンゴ・ソバ・栗ドラ・キノコ汁食べ放題を経験してしまったがゆえの不満なのかもしれませんが。

・補給所でのドリンク

500のペットボトル一人1本なのですが、最初のうちは余る。後の方では足りなくなる。自前のボトル2本持ってけばよかったんでしょうけど。

・大浴場開放と思いきや

ゴール後、競輪場の大浴場が開放ということで、ウッキウキで向かったのですが、17時で閉鎖とのことで、入れず。ロングコースでクタクタに頑張った人ほど入れないという理不尽。

 

あとは、不満じゃないけど、IRCが道案内の看板に広告出してるけど、IRCのロゴが入ってるだけなので、何の会社か分かってない人が多いんではないかと思いました。

せっかく協賛してもらってるのに、不憫だなあーと思って。

IRCは、井上ゴム工業という、タイヤを作ってる会社です。

看板に「タイヤと言えば」って書いてあげればいいのにね。

 

改造ママチャリで完走してる人がいてビックリ(長野からの遠征だそうです。)

その後の趣味の話

自転車関係のネタをブログにアップしたところ、某所から、

「動物病院に無関係なことはふさわしくないので自粛するように」との

圧力を受けまして、しばらく(かなり長期に)ブログの更新をしていなかったのですが、

「先生自転車止めちゃったの?」とか、

「私も自転車はじめます!」といったお客様からの声が相次いでいる上に、

某国際的動物用医薬品メーカーの営業担当もチェックしてるようなので、

久々に自転車関係のネタを投下します。

IMGP2082 (1280x960)

去年からインナーのチェーンリングだけQringsにしてます。

速くはならんが、ラクになったかも。

ドーピングで干されそうなチャンピオンのクリス・フルームも使ってるし、

無意味ではないと思いたい。実際いっこ小さいギアで登れるしね。

IMGP2081 (1280x960)

タイヤ換えたら軽くなった。

Vigor α stealth + コンチネンタルGP4000SⅡ で、2.58㎏

Vigor α stealth + ブリヂストンEXTENZA R1X  で、2.50㎏

軽いせいで(?)坂で立漕ぎすると後輪が浮きます。あかんやん。

300kmぐらい走って、今のところ問題ないです。

コンチネンタルよりは柔らかい感じで乗り心地はいいです。

後輪が浮くのはグリップ力が下がったからなのか?

 

IMGP2083 (1280x960)

クランクをデュラエースにグレードアップ!!(クランクのみ)

いわゆるデュラテグラに。

色々いじってるのに速くならないのは何故なんだぜ?

 

サラっと予告しておきますが、グランフォンド富山に参加するので、

5/27(臨時休診ですよ。

インプレ的な何か

imgp1827-1280x960

 

前回の書き込みに反響がありまして、「マニアックすぎてキモイ」等々お褒めの言葉をいただいたので、調子に乗って今回はインプレです。インプレとはインプレッションの略で、使ってみた感触・感想などといった意味です。要はアマ○ンレビューみたいなものです。マニアックなヒトタチがあえて使うキモイ略語です。

以下、全てシマノのWH-6800との比較です。

漕ぎ出し:軽いです。信号待ちからのスタートで、おいて行かれることが少なくなりました。

加速:速いです。スルスルッと30km/hくらいまで上がります。

巡航:ラクです。ムリせず32km/hぐらいでいけます。以前は28km/hくらいでした。

スプリント:回せます。ケイデンスでプラス10くらい余計に回せる感じです。

ヒルクライム:あんまり変わんないです。これはスプロケがクロスレシオになったせいかもしれん。

他、感想:向かい風が格段にラクになりました。ペアスポークシステム(スカスカスポーク)のおかげで空気抵抗が減ってると思われます。

まとめと考察:マニアックなヒトタチが言うには、ロルフプリマは縦剛性が高いホイールらしいです。漕ぎ出しの軽さ・加速の良さ等々はそのおかげだと思います。

反面、横剛性が低いらしいのですが、安全運転が身上の自分は横剛性が気になるような運転をしませんので、特に気になりませんでした。

一流ドコロのカーボン買うほど余裕がないし、なんつってもカーボンは割れたらオシマイなので、それを考えたら、アルミのいい奴買うっていうのは選択肢としてアリかと。

一点気になったのは、ブレーキのかかりにくさです。セラミックコーティングのおかげで、剥き出しのアルミよりもブレーキシューが滑りやすいのかもしれません。それか、相性のいいブレーキシューがあったりするんでしょうか。だとするとまた出費が・・・

せっかく買ったけど、ぼちぼちシーズン終了です!!来シーズンはコイツでもっと遠くに行きたい。